SandersはChromaを他の企業のための「モデル」と呼びます

Apr 2 2005
Howard Weiss-Tisman

全従業員が所有するハイテク企業は、貧富の格差を埋め尽くす方法を国に示すモデルかもしれない、米国代表バーナード・サンダース(I-VT)は金曜日に会社の労働者の群衆に語りました。

サンダーズは、光学フィルターを製造するChroma Technology社の従業員の一部と会うためにRockinghamに行った。今年の初めに、サンダーズはChromaの成功に関する議会記録に入った演説をしました。

金曜日に、サンダースは、約20の従業員のグループに話を聞きました。彼は、労働者に彼の支持を示すことを望んでいたと述べた。 彼はまた、彼らのビジネスモデルが、企業が労働者をうまく扱い、成功することができることを証明しているとも言いました。

Chromaのすべての従業員は、同社の一部所有者であると、CEOのPaul Millmanは説明しています。誰かが雇われると、会社の株式が与えられます。初年度の後、従業員は200株を累積し、毎年200株を回収します。

「うまくいく。本当にうまくいく」とMillman氏は話す。

同氏は、従業員が会社の一部を所有することにより、組織の尊敬と誇りを育てると述べた。

彼の演説では、サンダーズ氏は対外貿易からメディア所有まで、そしてこの国の非常に豊かな人々と貧しい人々の距離について、幅広い話題を取り上げました。

「米国には中産階級はもはやない」とサンダーズ氏は語った。

彼は国家と世界を悩ませている多くの問題について議論していましたが、Sandersは従業員にChromaでの仕事の重要性を引き続き思い出させました。

「あなたのモデルは素晴らしいですが、」彼は群衆に語りました。「この民主的な制度を維持し、この精神を生かしておく必要がある」

サンダーズは、企業が従業員のオーナーシップに移行したり、そのようなモデルでビジネスを開始することを奨励する非営利団体であるVermont Employee Ownership Center(VEOC)を通じてChromaについて聞いたと語った。

「Chromaは、民主的なビジネスが成功することを示しています。私は会社が状態の周りに他の企業のためのモデルであるべきだと思う、」サンダースは言いました。

議会の演説で、サンダーズはクロマの賃金水準と、仕事を外部委託することなくグローバルマーケットで競争する能力について語った。「この会社の話はすごくすごいです。 これは、アメリカの企業が生き残るためには、国際市場で成功する方法についてのレッスンを提供します。 私はその話をアメリカの国に伝えたいと思います。」

サンダースは、バーモント州とオハイオ州は全米で従業員所有企業の最高数を持っていると述べました。

ミルマンは、サンダースの訪問を持って光栄だったと述べました。

「我々は正しいことをやっている知っている必要があり、」ミルマンは言いました。「それは資本主義をより同情的で労働者に優しいものにすることによって、資本主義を定義する別の方法です。これは非常に重要です。」

Media Inquiries

If you are a member of the press and can’t find something you need—or want to speak with someone from Chroma please contact us at sales@chroma.com.

Keep In Touch

Sign up to receive updates by e-mail: